イラストブログマンガ京都

8/16は、京都人の私にとって特別な日付です。

というのは、京都では毎年この日に「五山送り火」という催しが行われるから。
「大文字焼」という言葉ならご存知の方も多いかもしれません。

京都市は山に囲まれた街なんだけど、その山のうちの5つには大きな文字が記してある。

その文字の形に沿って火を灯すと、京都の夜空に巨大な文字が浮き上がる
というのがこの「送り火」の全容です。

この送り火をもってお盆はおしまい。

家に帰ってきていたご先祖さまたちは、この火に送られてあっちの世界へ帰っていく。

私たちは家から一番近くに見える五山どれかの文字を見ながら、
夏の終わりと亡くなった人たちに思いを馳せる。

その日の京都はいつもより不思議な空気が漂っている気がして、私は小さな頃からずっと好きなのです。

さて、そんな五山の送り火を京都に棲む妖怪たちも同じように見ていたらいいのに、と
描いた漫画があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

来年は京都で送り火を見られますように。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA